フィリピンの大衆食堂【カレンデリア】ってどんなところ?

フィリピンの食堂カレンデリア タイトル画像 フィリピン

今回はフィリピンの大衆食堂「カレンデリア」について書いてみたいと思います。

 

 

カレンデリアはそこらじゅうにある

レストランよりも安価にフィリピンの味を楽しめるのが「カレンデリア」(Calenderia)と呼ばれる大衆食堂です。

 

マニラの方では「カンティーン」(Canteen)とも呼ばれ、フィリピンのあちこちにあるそうです。きっと地元の皆さんにはそれぞれお気に入りのお店があるのではないでしょうか。

 

お料理の種類や味はお店によって様々で、規模は大きいお店から屋台まで、また清潔そうなお店からちょっと心配になるようなお店まで、カレンデリアはバラエティーに富んでいるようです。

 

カレンデリアのシステム

店にはフィリピンの色んな郷土料理が並んでいるので、そこから自分の好きなものを選んだ後、イートインかテイクアウトするそうです。

 

ただし、テイクアウトの場合、単にビニール袋に入れるスタイルがポピュラーらしいので、日本人には少し違和感があるかもしれませんね。

 

またイートインの場合は後払いで何を食べたか自己申告が主流らしいので、食べたものを覚えておく必要もあるそうです。

 

 

ふと思ったのですが、日本にあるフィリピン人向けの飲食店の中にも「カンデリア」または「カンティーン」と呼ばれるものがあるかもしれませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました