フィリピン【ミンダナオ島】と主要都市のご紹介

フィリピン

今回はフィリピン北部の大きな島『ミンダナオ島』と主要都市をご紹介します。

 

ミンダナオ島(Mindanao Island)はフィリピン南部の島で、フィリピン北部のルソン島に次いで大きい島です。熱帯季節風気候で農業、林業が盛んです。鉱物資源も豊富で、重化学工業が盛んな地域もあります。人口の大半がキリスト教徒ですが、イスラム教徒やその他の住民もいます。島は周辺の小島を含んだ18州に分れています。

 

ここで、ミンダナオ島内の中心都市を見ていきたいと思います。これらの都市はいずれも港湾都市です。

 

ダバオ Davao

ダバオは、ミンダナオ島南東部の行政、経済、教育の中心になっている大きな都市です。農業、農産物加工、製材、セメント工業、などの産業があります。

 

フィリピン国内では安全な都市として大変有名です。(あくまでもフィリピンの他の場所と比較して安全ということだと思います。)

 

この地の歴史を物語るように、スペイン、アメリカ、イスラムの影響が残り、海水浴や釣りも楽しめる魅力的な都市です。「ミンダナオ大学」「フィリピン女子大学」があります。

 

 

ザンボアンガ Zamboanga

ザンボアンガ半島先端に位置する、フィリピン南部の通商の中心地です。セブアノ語やチャバカノ語(スペイン語との混成言語)が話され、スペイン風の建造物や美しいビーチが人気の観光都市でもあります。現在はキリスト教徒の聖地となっているピラール要塞も残ります。

 

コタバト Cotabato

ミンダナオ島の南西部に位置し、昔から米など農業産品の集散地として栄えた場所で、現在でもこの地方で中心的な役割を果たしています。コタバト市が地理的に位置しているのはマギンダナオ州の中ですが、実はソクサージェン地方に属しているそうです。イスラム文化圏の影響を感じさせる地域でもあります。

 

 

ブトゥアン Butuan

ミンダナオ島北東部に位置する、アグサンデルノルテ州の州都です。10世紀以前から交易で栄えていたと言われ、太平洋戦争の戦闘や火災を経て、今もこの地域の中核として機能しています。歴史的な名所は少ないようですが、博物館がいくつかあるそうです。

 

16世紀にはフィリピンで初めてキリスト教のミサが行われた場所ともいわれています。

 

カガヤン・デ・オロ Cagayan de Oro

ミンダナオ島北部の中心的商業都市がミサミスオリエンタル州の州都、カガヤンデオロです。セブアノ語、フィリピン語が話されています。「ハビエル大学 」や「サン・アウグスティン大聖堂」などもあり、カガヤンデオロ市民のホスピタリティを表した「黄金の友情の街 (City of Golden Friendship) 」 (City of Golden Friendship)という別名もあります。

 

近年マラウィで激しい戦闘がありましたが、それを除けばミンダナオ島は大変魅力的な場所に感じます。フィリピン各地で開かれるナイトマーケットですが、ミンダナオ島では安全のため休止していることもあります。訪れる際は、事前に現地の情報をよく調べることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました