現地人おすすめの【マニラ】の観光地

フィリピン

今回はマニラ在住の人から教わった、観光のおすすめスポットをご紹介します。

 

マニラには、治安の良い場所と悪い場所が混在しています。ハイクラスなエリアは、地元民の感覚で言うと、ボニファシオ・グローバルシティのあるタギッグ→アラバン→マカティの順番だそうです。(あくまでも個人の感覚です。)

 

スポンサーリンク

ボニファシオ・グローバルシティ(Bonifacio Global City)

ボニファシオ・グローバルシティ(略してBGC)は、元は軍の土地だったところに計画的に設計された街で、ビジネス街、高級住宅地、おしゃれなお店、カフェやレストランなど、先進国さながらの雰囲気なのだそう。

 

一般的なフィリピン人は地価が高いなどの理由から居住できないエリアで、富裕層のフィリピン人や外国人が住んでいるそうです。

 

街中のモダンな壁画も有名で、地元のアーティストのみならず海外のアーティストの作品も見られるそうです。マニラの他の地域と比べ治安も良いので、安心して観光やショッピングができそうですね。

 

スポンサーリンク

イントラムロス(Intramuros)

「BGC」とは真逆の雰囲気が味わえる場所として教わったのが「イントラムロス」です。ここはマニラの中にある旧要塞市街で、スペインの植民地時代の街の雰囲気を感じることができます。

 

サンチャゴ要塞やマニラ大聖堂、カーサマニラ博物館、サン・アグスティン教会などの観光スポットは魅力的ですが、治安はそれほど良くないようなので、訪れる際は気を付けなければいけませんね。

 

またイントラムロスでは、フィリピンの馬車「カレッサ」に乗ることが出来ます。値段交渉は事前に相場をリサーチして、慎重に行うことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

ビノンド(Binondo)

ビノンドには世界最古と言われるチャイナタウンがあります。中国人や華人でなくても、中華料理を食べに出かける場所なのだそう。

地元民おススメの「オイスター・ケーキ/oyster cake」(牡蠣のパンケーキのようなもの)のお店もあるそうです。

 

チャイナタウンと言っても、写真で見る限りでは普通のフィリピンの人たちも商売をしているように見えたのですが、地元の人によると「ビノンドは中国系のフィリピン人ではなく、中国人が多く居る」エリアとのことでした。

 

あまり治安は良くないようなので、お出かけの際は十分に気を付けて頂ければと思います。

タイトルとURLをコピーしました