【感想】ゲーム形式のレッスンを受けてみた!《ネイティブキャンプ》

オンライン英会話

今回は、ネイティブキャンプでゲーム形式のレッスンを受けた時のことを書きます。

ネイティブキャンプにどんな種類のレッスンがあるか知りたい方の参考になればうれしいです。

Sponsored Link

まずは初心者~中級者向けのレッスン!

まずは、ゲーム形式の「初級~中級の人向け」のレッスンを受けてみました。

【ゲームで英会話:Find Words!(初-中級)】というレッスンです。

ネイティブキャンプは予約してなくても、スタンバイしている先生たちの中から、好きな先生を選んで、すぐにレッスンをスタートできます。

わたしが選んだ先生は、フィリピン女性で赤とピンクのお花のカチューシャをつけてました。

とくにクリスマスやハロウィーンなどの行事の時期になると、楽しい身なりをした先生が多くなります。

教材は買うの??

Native Campではいろんなレッスンを選べますが、なかには有料教材を買わないとできないレッスンもあります。

ただ、2017年ごろNative Campデビューした私でも、現在(2020年1月)まで有料教材を買ったことはありません。

今回の教材も、レッスン基本料のみで使える無料教材です。教材はレッスン画面に自動的に表示されます。予習や復習をしたい人も【教材】メニューからいつでも見ることができます。

レッスン内容は、かくれている単語を2分間でどれだけ探せるか、というシンプルなゲームでした。単語力と、スペル力をきたえるものだと思います。

ゲームということで、わくわくしてました。

パソコンの受講画面はこんな感じ↓

ゲームの説明は日本語で読めるので、とりあえず安心。(ヒントはクリックしないと出てこなかったので、そこだけ注意。)

いざやってみると意外とむずかしいです。というのも、わたしは頭の回転はおそいほうだし、スペリングも苦手です。

1回のレッスンでゲームを2つやりますが、最初は6単語みつけ、2回目は2単語しかみつけられず。

でも先生は「ベストを尽くしたからえらい!」とほめてくれました。やさしい…

ネイティブキャンプには、いろんな国籍の先生がいますが、フィリピンの先生はやさしいことが多いので、個人的におすすめです。

「優しさなんていらない!」という人や、「フィリピンの英語のアクセントがどうしてもイヤ」という生徒もいます。十人十色です。

2分間のゲームが終わると、答え合わせをして、出てきた単語の意味と発音を確認。

単語は、アメリカ人とイギリス人の音源が流れるので、そちらで正しい発音を確認できます。いくら英語がたんのうでも、ノンネイティブの発音はネイティブの発音とは違います。

ところで、イギリスの発音って、できないけどマネしたくなってしまいます。(ネイティブの音源をリピートするようにとの指示はありませんでした…残念。)

同じ形式のレッスンは、全部で15回分よういされています。15回目の内容も見ましたが、1回目よりもちょっと難しくなっているようです。

ゲーム形式ですが、出てくる単語はどちらかと言うと大人向けでした。

最後に今日習った単語を虫食い問題で復習↓

中級者~上級者向けのレッスンにも挑戦!

中~上級者向けのレッスン【ゲームで英会話:Spot the Difference(中-上級)】は、初心者向けのレッスンのゲームとは違って、まちがい探しゲームです。

難しい単語はあまり出てこないので、レベルの高い子供さんなら、こっちのほうがやりやすいかもしれません。

とはいえ、2つの絵の違いを、自分の言葉で伝えなければいけないため、難易度は高かったです。わたしは目の前のものをセンテンスにして説明するのが苦手なので、すごくいい練習になりました。

こちらも時間制限は2分です。(スマホの受講画面だとこんな感じ↓)

正直、ゲーム自体は単純ですが、通常のかたいレッスンよりもやっぱり楽しいです。何ごとも楽しんだほうが身につくと思うのです。

※内容は2021年1月のものです。

ふいか=筆者
ふいか=筆者

オンライン英会話が楽しいので続けてます。現在(2021年1月)Native CampとCamblyを受講中。

タイトルとURLをコピーしました