フィリピンの最後の秘境【パラワン島】をご紹介します!

フィリピン

今回はフィリピンのパラワン島(Palawan Island)について書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

パラワン島の魅力

パラワン島はフィリピンの南西部にあり、南北に細長い島で、フィリピンの「最後の秘境」と呼ばれることもあります。エコツーリズムも盛んです。

 

美しい海で楽しむアクティビティ

パラワン島の周囲には数え切れないほどの小島があり、中でもカラミアン諸島(Calamian)は、ダイビングスポット、高級リゾートとして知られます。また、戦時中に沈んだ日本軍の船も多く残されているそうです。マングローブツアーや、ジップラインを楽しめるスポットもあります。

 

世界自然遺産がある

「プエルト・プリンセサ地底河川国立公園」(Puerto-Princesa Subterranean River National Park)や「トゥバタハ岩礁海中公園」(Tubbataha Reefs Natural Park)などの世界自然遺産もあります。

 

プエルト・プリンセサ地底河川国立公園では、ボートで神秘的な洞窟内部を見学出来ます。ここは独自の生態系を持つ、地底の鍾乳洞を流れる川で、長さは8.2kmにも及ぶそう。事前にツアーに申し込むと良いそうです。

 

トゥバタハ岩礁海中公園は、パラワン島とネグロス島の間にあるスル海に位置します。2つの岩礁と珊瑚礁を保護するために出来た公園です。多種多様な魚類、珊瑚、海藻類、その他の生物達の海洋の楽園です。ダイビングやクルーズで楽しめるそうです。

 

『最後の秘境』エルニドを見に行こう!

エルニド村と沖合に浮かぶ島々は「エルニド」と呼ばれ、海域は海洋保護区に指定されています。美しい海と、海面から沢山の岩山が立つ景色は信じられないほど美しいと、世界中にファンを持つ絶景のエリアです。人々もフレンドリーで優しく、ホテルのサービスも良質との噂です。ダイビングやシュノーケリング、船やカヤックなど、楽しみ方満載です。

タイトルとURLをコピーしました