フィリピンの【デング熱】事情

デング熱 アイキャッチ フィリピン

デング熱はフィリピンではかなりメジャーな感染症のようです

 

それでもデング熱にかかったことのない地元の人たちの方が多いようなので、必要以上に怖がる必要はなさそうですが、死亡例もあるため情報としては頭に入れておいた方が良いかもしれません。

 

ちなみに英語では「dengue fever」で「デンゲ・フィーヴァー」というふうに読みます。

 

スポンサーリンク

デング熱とは

 

デング熱はネッタイシマカなどの蚊を媒介として感染する熱帯感染症です。媒介する蚊が生息する熱帯・亜熱帯地域の国々に見られます。

 

スポンサーリンク

デング熱の症状

 

高熱、頭痛、目の痛み、顔面紅潮、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感、発疹どです。

 

スポンサーリンク

リスクを下げるおすすめの服装

フィリピンは南国なので気温が高く大変だとは思いますが、肌の露出が控えめな服装にすると蚊に刺される確率を下げることが出来るそうです。素足を避け、濃い色の服よりも、白っぽい服装を選ぶのもコツです。

 

スポンサーリンク

フィリピンの虫よけ製品

 

虫よけの製品はフィリピンでも手に入るそうです。

 

一般的なのは「虫よけローション」で、ある地元の方は「OFF!」という商品名の虫よけローションをすすめてくれました。

 

「ヒューマンネイチャー」(Human Nature)などのスプレーもあるようですが、スプレー自体、地元の健康志向の人たちにはウケが良くないようです。ナチュラルな材料を使った製品も探せばあるかもしれません。

 

蚊取り線香は「カトール」(katol)と呼ばれフィリピンでも使用されてきたようですが、最近では肺に悪いといわれ敬遠される傾向があるようです。

 

 

蚊帳(かや)も使うのかなと思ったら、田舎でしか使われないらしいです。

 

デング熱はフィリピンでは一年中かかる可能性のある病気ですが、特に雨季に患者数が増えるそうです。現地の常識として、生活の場で水を溜めて放置しておかないことがあげられるようです。

 

スポンサーリンク

フィリピンでデング熱にかかったら

 

地元の人たちもデング熱にかかったら病院に行きます。

 

免疫のしっかりしていない子供がデング熱にかかることが多いので、もしかしたらと思ったら親は半分パニック気味にすぐさま子供を病院に連れて行くと聞きました。現地の人もこの病気を恐れていることが伝わってきます。旅行者ももちろんすぐに病院に行く必要があります。

 

フィリピンでは(デング熱とは思わずに)子供を病院に連れて行かなかった結果、子供が死亡してしまうようなケースは決して珍しくはないようです。

 

決してあなどれない感染症です。病院では抗生物質などを処方してくれるそうです。

 

民間療法

その一方で民間療法に頼る人たちも存在していて、デング熱にはパパイヤの葉が効果があると言われてきたようです。

 

葉っぱをジューサーにかけるか、細かくしてしぼるかしてジュースにするそうです。また「タワタワ」という薬草も効くと言われています。

 

フィリピンには貧しい人たちも多いので、病院に行くより安価な民間療法に頼る人たちがたくさんいます。だだし、西洋医療のお医者さんたちはこのような民間療法には否定的なことが多いです。

 

スポンサーリンク

デング熱ワクチンをめぐるフィリピンの現状

 

近年、日本でも子宮頸がんのワクチンの副作用をめぐって社会的に注目されましたが、このブログを書いている時点(2018年5月)で、フィリピンではデング熱のワクチンが大きな問題になっています。

 

フランスの製薬会社サノフィパスツール製の「Dengvaxia」というデング熱ワクチンを接種した子供たちのうち、これまで87人が亡くなり、そのうち11人がデング熱で亡くなったそうです。

 

聞くところによると、このワクチンは首都のマニラがあるルソン島の公立の小学校で優先的に予防接種が実施されたもので、他の地域は大きな被害を免れたらしいです。

 

このニュース後は、学校や政府が配布するものを信じられない保護者も出てきていて、学校から配布されるビタミン剤でさえ拒否する保護者もいるそうです。

 

このワクチンを受け入れたのがベニグノ・アキノ大統領時代だったため、元大統領と当時の保健省が被害者たちから訴えられていると聞きました。

 

 

また、ごく最近ではドゥテルテ大統領のお孫さん達もこのワクチンを受けたのではないかという報道もされています。

 

政府はこの予防注射を受けた国民への救済措置を考えていると伝わっていますが、今後どうなるでしょうか。

 

デング熱の予防接種を受けたフィリピン国民は89万人にのぼるといわれています。

 

なんだか予防接種が怖くなってしまうような事案ではあります。

タイトルとURLをコピーしました