フィリピン最大級【ディナギャン・フェスティバル!】1月のお祭り

フィリピン

今回はフィリピン最大級のお祭りのひとつ、イロイロ市の「ディナギャンフェスティバル」について書いてみます。セブの「シヌログ祭り」(Sinulog Festival)に似た部分のあるお祭りでもあります。

 

スポンサーリンク

基本情報

DINAGYANGの発音

日本語だと「ディナグヤン」表記もあるし、私は、地元の発音が「ディナグヤング」に聞こえました。でも、「ディナギャン」がポピュラーな表記みたいです。フィリピンの地名をカタカナで書く時はけっこう迷います。

 

イロイロ市ってどんな街?

開催地のパナイ島のイロイロ市は、学園都市で治安が比較的良いと聞きますので、語学留学先としても注目度が高いです。文化遺産や美しいビーチなどの観光資源もあり、物価も安く、旅行先としてもいいと思います。

 

 

ディナギャンフェスティバルの特徴

ディナギャンとシヌログが似ている点

シヌログフェスティバルについて、聞いたことのある方がいるかもしれません。ディナギャンもシヌログ同様、キリスト教徒がサントニーニョ(聖なる幼きイエス)を祝っていて、開催日程も同じくらいの時期です。(シヌログが1月の第3週の日曜日で、ディナギャンは1月の第4週の週末。)

 

期間中に催されるイベントもそっくりで、「フルーヴィアルパレード」(Fluvial Parade)と呼ばれる水上パレードをはじめ、クイーンを決めるコンテスト、ストリートダンスコンテスト、その他様々なイベントが催されます。シヌログ同様、普段はマニラで活動する芸能人なども訪れるので、余計に混雑するそうです。

 

ディナギャン祭りの特徴

実は、サントニーニョ信仰だけではなく、パナイ島の土着の文化との融合が見られるのが、このお祭の大きな見どころのようです。顔から体まで黒くペイントし、民族衣装をモチーフにした派手な衣装で踊りまくる地元の人たちのパレードは圧巻だそう。

 

ミスコンテストが大好きなフィリピンらしいと思いますが、シヌログクイーンと同様「ディナギャンクイーン」が選ばれます。沿道に出ているたくさんの屋台で、バラエティー豊かな料理を食べることもできます。

 

アティ・アティハン祭り

パナイ島のカリボでは「アティ・アティハン祭り」(Ati-atihan)が、こちらもシヌログとほぼ同時期(1月第3週)に開かれます。このお祭りも類似しています。


ここでも、サントニーニョ(Santo Niño)が讃えられ、同時に「アティ族」のダンスがフィーチャーされます。衣装もカラフルかつ非常に華やかで、大人気のフェスティバルだそうです。

 

その昔、他の部族によって山に追いやられたアティ族。飢餓で山を降り、食料を分けてもらった際にお礼として踊ったダンスがもとになっているとのお話でした。

 

キリストが十字架にはりつけにされたことが由来の、人間の手足に釘で打ち付ける磔刑(たっけい)または、はりつけの刑が再現される奇祭も存在するフィリピンですが、今回ご紹介したお祭は怖くないので、そういう意味では安心です。時差もたったの1時間ですので、時差ぼけの心配もないですね!

タイトルとURLをコピーしました