【LGBTQ+】フィリピンはセクシャル・マイノリティーに日本より寛容?

lgbt セクシャルマイノリティー フィリピン

「LGBTQ̟+」はセクシャル・マイノリティーの人たちを表す表現です。今回は日本よりフィリピンのほうがセクシャル・マイノリティーに寛容なのか考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

日本よりLGBTQ+がオープンなフィリピン

フィリピンではセクシャル・マイノリティーの話題にとても関心が高い人が多いです。実際フィリピンには「カミングアウト」をしている人たちが多く、彼らの存在はLGBTQ+でない人たちにとっても日常的に身近な存在です。

 

芸能界でセクシャル・マイノリティーの有名人がたくさん活躍しているだけでなく、一般のLGBTQ+の人たちも日本よりオープンに自分が好きな格好をして仕事をしたり、プライベートを楽しんでいるようです。

 

そういう意味では日本よりもフィリピンのほうがずっと先進的と言えます。

 

寛容な人は多いが、多少注意は必要

ただし、もしフィリピンのLGBTQ+事情について現地の人に直接お話が聞きたい場合は、少し気を付ける必要はあるかもしれません。

 

フィリピンは宗教色の強い国です。多くの宗教は伝統的な価値観を重んじていて、それが「教え」として経典に載っています。「教え」を厳格に守る人たちのなかにはLGBTQ+の在り方を断固として受け入れない人たちもいます。

 

たとえば、マニー・パッキャオというフィリピンの国民的英雄の超有名プロボクサーがいますが、同性愛者への差別発言で物議をかもしたことがあります。彼は政治家としての顔も持っていて、個人的には悲しいです。

 

フィリピンの人とセクシャルマイノリティーについて話すときは、相手がどういう考えの持ち主なのかちょっとお話してみて探りを入れてから質問したほうが無難かもしれません。

 

もし相手がLGBTQ+に不寛容であっても、頭ごなしに否定するのは個人的にはお勧めしません。特に信仰がからんでいる場合、ディスカッションにならないと思います。なるべく理解のある人を選んだほうがいろんなお話も聞けます。

 

また、ゲイのフィリピン人を探すこともそれほど難しいことではないと思います。お話しが聞きたかったら直接聞いてみるのも手です。(フィリピンの人たちは一般的にとてもオープンな人たちです。)ただ最初からねほりはほり聞くのではなく敬意を持って、くれぐれも失礼のないようにしたいものです。

 

ちなみに彼らは現地では「レディーボーイ」と呼ばれることがありますが、個人的にはこの名称に正直少し違和感を感じてはいます。

日本の状況にも興味がある

フィリピンの人たちのなかには、日本のLGBTQ+を取り巻く状況に興味を持っている人もいます。

 

そして、まだまだ多くの日本人がLGBTQ+の人たちと関りを持ったことがないことを知ると、驚きます。(実際はほとんどの日本人がどこかで関りを持っていると思いますが、日本のLGBTQ+の人たちはカミングアウトする人が相対的に少ないのだと思います。)

 

フィリピンに残るLGBTQに対する差別

一見するとフィリピンではLGBTQ+の人たちがとてもオープンに社会生活を送っていて、非常に高いレベルで認められているように見えますがやはり差別は残っているようです。ある現地の人は、いとこがゲイであったために理由に学校で長年いじめられていたと怒っていました。

 

ただ、フィリピンのLGBTQ+を取り巻く環境は日本より進んでいる部分が多くあるので、私たちもいろいろ学べるはずです。(宗教が法律に大きく影響を与える国ですので同性結婚の合法化は難しいと思います。)



日本でも近い将来もっと多くのLGBTQ+の人たちが、不自由なくありのままの姿で働き、遊べるようになることを願います。

タイトルとURLをコピーしました