フィリピンはパパイア天国!【お料理から石けんまで】

パパイヤ アイキャッチ フィリピン

日本で入手できるパパイアにはアメリカ産も多いですがフィリピン産も多いです。

 

フィリピンではパパイアは安価で、日常のお料理にも使用される非常に一般的な食べものです。パパイアの持つ様々な効能も知られていて、食べもの以外の関連商品もたくさん出回っていま

 

特にセブ周辺の現地の方々のお話をもとに、フィリピンのパパイアについて書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

フィリピンのパパイヤ料理

フィリピンでは熟したパパイアと青いパパイアの両方を食べます。熟していないものはお料理の材料として使用されることが多く、熟したものはカットしてそのままスプーンで食べるのがメジャーな食べ方のようです。

 

アチャラ・パパイア

「パパイア・アチャラ」や「アチャラ・パパイアス」とも呼ばれます。青いマンゴーを千切りのようにした、フィリピンを代表するお漬物だそうです

 

付け合わせとして食べられることが多く、味は甘酸っぱいらしいです。現地のスーパーでも色んなメーカーのものが販売されているそう。

 

日本にも南蛮料理として「あちゃら漬け」と呼ばれるものがあるそうです。私は食べたことがありませんが、むかしから両国が食文化でつながっていたと思うとステキです。(日本のあちゃら漬けは、フィリピンのアチャラとは違いがだいぶあるとは思いますが。)

 

パパイアのサラダ?

日本を含む多くの国では「サラダ」と言えば野菜を思い浮かべると思いますが、フィリピンでは、フルーツサラダを思い浮かべる人が少なくないそうです。

 

フルーツの種類が豊富で安価なフィリピンらしいですね。フィリピン人は野菜をあまり食べない人が多いとも聞きますので必然かもしれません。

 

ある方がフルーツサラダとして教えてくれたのは、固すぎない熟する前のパパイアをキューブ状にカットし、他のカットフルーツと混ぜ、さらにクリーム、ミルク、砂糖などを混ぜる食べ方です。

 

こうなると日本人にとってはデザートとかスイーツと感じてしまいそうです。

 

スポンサーリンク

フィリピンのパパイア人気のちょっとした秘密

フィリピンでは特に田舎の方だと、敷地内などにパパイアの木がある家がけっこうあって、手をかけなくても実がちゃんとなるらしいです。それを道端や市場で販売することもできるため、パパイア人気の一因になっていると聞きました。

 

農産物はフィリピン国内でも価格に地域差があるので一概には言えませんが、私がお話しした方によると、青いパパイアは15ペソくらい、黄色いパパイアは20ペソくらいで購入できると言っていました。道の売店で買うともっと安いらしいです。(2018年現在)

 

フィリピンでパパイアを購入する際は、熟れすぎていないかなどを手でさわって確認したほうがよいそうす。低品質のパパイアを買わされないためのコツです。

 

スポンサーリンク

パパイアせっけん

 

フィリピンでは美白に良いとされるパパイアの石鹸が有名です。効果のほどは分かりませんが、日本で買うより安いこともあるのでお土産としても人気のようです。フィリピンでは「美白」に関心がある人たちがけっこういるようですね。

 

有名なパパイアせっけんについて少しだけ教わったので書いておきます。

 

シルカ Silka papaya soap

パパイアソープ「シルカ」は、オレンジ色の熟したパパイアバージョンと、青いパパイアバージョンがあります。

 

いつか自分でも試したいと思っているので、その際は感想や使用感なども書き加えたいです。

 

リカス Likas PAPAYA SKIN WHITENING HERBAL SOAP

違うメーカーの物もあります。「リカス・パパイア・スキンホワイトニング・ハーバルソープ」です。

シルカの方が有名らしいのですが、どのあたりが違うのか比べてみたいところです。

 

グリーンマジックの石鹸

ちょっと話はそれますが、セブ周辺で人気の石鹸に「グリーンマジック」(GREEN MAGIC)という製品があるそうです。全国的には知られていかもしれませんが、ここの石鹸が好きな方もいます。

 

他の石鹸より若干高めらしいですが、「オーガニック」「ホームメイド」という売り文句で人気があるようです。好みだとは思いますが、使用感も良いと聞きました。

 

「グリーンマジック」にはパパイアの石鹸をはじめ、レモン、バナナ、グアバ、にんじん、トマトなど多種が販売されています。(2018年現在)セブのちょっとした楽しいお土産としておすすめらしいです。

スポンサーリンク

パパイアの健康効果

パパイヤは健康維持に役立つ栄養成分の宝庫と言われています。

 

注目成分としては解毒作用のある「イソチオシアネート」や、熟する前の青いパパイアに含まれ、消化や免疫をアップさせる「パパイン」があります。

 

 

ビタミンC、ビタミンE、ベータカロテン、ビタミンA、カルシウム、カリウムなどが豊富な上、低脂肪で、コレステロール値を下げる手助けもしてくれるそうです。

 

また、βカロテン、リコピン、マグネシウム、ポリフェノールも含み、美容やダイエットの効果もあると言われています。

 

ただし、使用されている農薬には気を付ける必要があります。心配な方はオーガニック/有機栽培のものを選んだほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

パパイアの歴史

パパイアはメキシコ中南米原産です。その誕生はなんと2億年前にさかのぼると言われ、長い間「メディカル・フルーツ」としても重宝されてきたそうです。

 

マヤ文明の人たちも、パパイアを食用や薬用で食べていたらしいです!

 

諸説あるようですが、16世紀初めごろにバスゴダガマまたはコロンブスによって「発見」されたことをきっかけに世界に広まっていったそう。

 

日本でも明治時代ごろから、沖縄、小笠原諸島、鹿児島などの温暖な地方を中心に栽培がスタートしたようです。

パパイアはアメリカ産も流通していると思いますが、フィリピンでは「アメリカ産は黄色くなっても実が固い」というイメージがあるようでした。

 

タイトルとURLをコピーしました