フィリピンの人たちに、やっちゃいけないこと。

注意 警告 フィリピン

タブーと聞いて「宗教についての質問」を思い浮かべる人もいるかもしれません。

 

少なくともフィリピンの人たちに関しては「宗教の話題は避けるべき」という印象は持っていません。敬意をはらって質問すれば問題になることはないと思います。ただし宗教由来の価値観が関係するセンシティブな話題というのはあると思います。

 

今回はフィリピンの人たちに「質問しないほうが良いこと」、「やってはいけないこと」、「タブー」などについて、私が知っている範囲で書いてみます。

 

スポンサーリンク

人前で叱ること

フィリピンの人たちは、人前で怒られることを非常に嫌います。

職場で上司が部下に指導しなければならないことがあっても、人前で注意することは賢明ではありません。恨みをかってしまう可能性もありますので、人のいない場所で注意することをお勧めします。

 

スポンサーリンク

恋愛の詳細に関する質問

フィリピンでは、自分の恋愛についての詳細を友達に話さない人もいるようです。話す場合でも、親友や信用できる人を見極めてしゃべるという人もいます。

 

また、男女の親密なあれこれについてガールズトークで盛り上がることは意外にないようです。これはキリスト教の価値観が影響しているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

社会的な地位についての質問

社会的な地位について相手に質問することは失礼にあたると思います。

 

フィリピンの人たちは、大まかに「お金持ち、普通の人たち、貧しい人たち、さらに貧しい人たち」に分かれているように思います。貧しい人たちに対しては冷たい風潮があると聞いたこともありますので、この辺の事情はこちらから積極的に質問しないようにしています。

 

スポンサーリンク

収入についての質問

また当たり前かもしれませんが、収入について聞くのも失礼に当たります。

 

スポンサーリンク

頭をさわること

フィピンで誰かの頭にさわる時には、事前にさわって良いかを確認したほうがいいです。相手が子供か、とても近い関係の人の場合はのぞきます。

 

頭を叩く行為をタブーとしている国々の話を聞いたりしますが、フィリピンでもあまり好ましくないそうです。日本でも普通は叩かないと思いますが、例えば漫才などでたたいているシーンを嫌がるフィリピン人は日本人よりも多いようです。

 

スポンサーリンク

身長を聞くこと

男性に対して身長を聞くことは失礼にあたることがあります。これは、特に身長が高くないフィリピン人男性が相手だった場合で、背の高い男性なら大丈夫なようです。

フィリピンの人たちは、「自分たちは背が低い」という思いが強いらしく、コンプレックスになっているようです。日本人も世界的に背が低いと思いますが、そこまでの強い思いはない気がします。

 

スポンサーリンク

絶対にしてはいけないジェスチャー

アメリカ映画などで見かける、人差し指をクイっと曲げて「こっちに来て」という意味を表すハンドジェスチャーは、フィリピン人に対しては絶対にやってはいけません。

これは地元の人によると「犬にするジャスチャー」で、人間がされたらものすごく侮辱的と感じるそうです。

また、人に向けて指をさすジェスチャーも、とても嫌われるようです。指をさす行為は、日本でも嫌がられるとは思いますが、フィリピンではさらに嫌がられるように思います。

 

スポンサーリンク

露出の多い服装

フィリピンには保守的な人もけっこういて、彼らは露出の多い服装を嫌います。

あまりにも丈の短いパンツやスカート(ひざが出るのはOK)や、胸元の開きが大きすぎる服などが嫌われるようです。あくまでも、保守的な人たちの話しです。(ドレスコードは、また別の話しになります。)

 

スポンサーリンク

年齢をたずねること

日本では年上の人に敬語を使う文化がありますが、フィリピンのタガログ語にも敬語のようなものが存在します。敬語があまり使われない地域であっても、年上の人たちを敬う価値観が根づいているので、フィリピンは現代の日本よりも年上の人に敬意をはらう国という印象があります。

 

こういった価値観だと、相手の年齢に合わせて態度を変える必要が出てくるため、年齢を聞く必要が生じます。そのため、フィリピンでは年齢を聞かれることに対してそれほど違和感を感じない傾向があるようです。それでも「年齢を聞いてもいいですか?」と確認するようにしているという人も中にはいます。

 

ただし、若いフィリピン人女性が年配の外国人から年齢を聞かれると、「なぜ私の年齢を知りたがるのだろう…」と違和感を感じることもあるようです。確かに日本では、特に年配の方々が、若い世代の人に気軽に年齢を聞くイメージはある気がします。

 

スポンサーリンク

悲惨な事件について話すこと

なかには、女性や子供が巻き込まれたニュースの話しはしたくないという人もいます。「もし自分の家族に同じことが起こったら?」と想像してしまうそうです。

家族をとても大事にするフィリピン人らしい意見だと思います。

 

スポンサーリンク

「離婚」という話題の取り扱い

フィリピンでは離婚はタブー…というか、カトリックの観点からできません。外国人との国際結婚なら一部可能なケースもあるようですが、基本的には無理です。

 

ただし、結婚を「無効」にする「アナルメント」という処理は可能です。国による苦肉の策なのだと思います。アナルメントはけっこうお金がかかるので、しないフィリピン人が多いようです。

 

離婚に関しては保守的な価値観を持った人がけっこういますので、離婚の話題になった時などには、そのことを少し頭においておくといいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました