フィリピンの人たちに、やっちゃいけないこと。

フィリピン

タブーと聞いて「宗教についての質問」を思い浮かべる人もいるかもしれません。

 

でも少なくともフィリピン人に関しては「宗教や宗教の質問自体が駄目」という印象は持っていません。敬意をはらって質問すれば問題になることはないと思います。ただし宗教の価値観が関係するタブーのようなものは存在するように思います。

 

今回はフィリピン人に質問しないほうが良いこと、やってはいけないこと、タブーについて、私が知っている範囲で書いてみます。

 

スポンサーリンク

恋愛の詳細に関する質問

フィリピンでは、自分の恋愛についての詳細を友達に話さない人もいるようです。しゃべる時でも、親友や信用できる人を見極めてしゃべるという人もいます。

 

また男女の親密なあれこれについてガールズトークで盛り上がることは案外ないようです。これはキリスト教の価値観が影響しているかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

社会的な地位についての質問

社会的な地位について相手に質問することは失礼にあたると思います。

 

フィリピンの人たちは、大まかに「お金持ち、普通の人たち、貧しい人たち、さらに貧しい人たち」に分かれているように思います。貧しい人たちに対しては冷たい風潮があると聞いたこともありますので、この辺の事情はこちらから積極的に質問しないようにしています。

 

スポンサーリンク

収入についての質問

また当たり前かもしれませんが、収入について聞くのも失礼に当たります。

 

 

スポンサーリンク

年齢をたずねること

年齢を聞かれるのはそれほど抵抗は感じないそうです。ただし、年配の男性の生徒さんから年齢を聞かれると、「なぜ、私の年齢を知りたがるのだろう…」と違和感を感じる先生もいるようです。

 

日本では、特に年配の男性や女性が、若い世代の人に気軽に年齢を聞くことがあるように思います。日本では敬語も使用しますし、自分より年齢が上か下かを知っておきたい都合もあり、年齢をたずねることが習慣になっている人たちがいるのかもしれません。でも、外国の価値観は違うことが多いです。

 

 

スポンサーリンク

悲惨な事件について話すこと

なかには、女性や子供が巻き込まれたニュースの話しはしたくないという先生もいました。「もし自分の家族に同じことが起こったら?」と想像してしまうそうです。

 

スポンサーリンク

「離婚」というトピックの取り扱い

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、フィリピンでは離婚はタブー…というか、カトリックの観点からできません。外国人との国際結婚なら一部可能なケースもあるようですが、基本的には無理です。

 

 

ただし、結婚を「無効」にする「アナルメント」という処理は可能です。国による苦肉の策なのだと思います。アナルメントは、けっこうお金がかかるので、しないフィリピン人が多いようです。

 

スポンサーリンク

あまり神経質になる必要はない

また、頭を叩く行為をタブーとする国の話は聞きますが、フィリピンでもあまり好ましくないそうです。日本でも普通は叩かないと思いますが、例えば漫才などでたたいているシーンを嫌がるフィリピン人は多いようです。

 

ただ実際のところ、フィリピンの人たちは基本的にオープンな性格なのでそれほど神経質になる必要はないと思います。

 

ただし信仰が関係する場面だけはルールが厳しくなりがちです。日常の生活の中で、あまりしゃべりたくないことは特にキリスト教の価値観が浸透していることがしばしばあるようです。(2018年3月20日)

タイトルとURLをコピーしました