【何を贈る?どう過ごす?】フィリピンのバレンタイン

バレンタインデー フィリピン

今回は、フィリピンのバレンタインについてです。

日本や韓国のように、女性から男性にチョコレートをあげるのは、世界ではとてもめずらしい文化だそうです。フィリピンでも「男性から女性へ」が基本です。

Sponsored Link

バレンタインに何をおくる?

日本では、どちらかと言うと「カップルのイベント」というイメージがあるバレンタイン。フィリピンでは、家族、友達、先生、同僚など、みんなで祝うイベントだそうです。

フィリピン人の多くが両親や友達にチョコレートやメッセージカードを贈るといいます。ただ、やっぱり一番気になるのが「彼氏から彼女に何をおくるのか?」でしょう。

定番のプレゼントは、花とチョコレートの組みあわせや、ぬいぐるみ、ハート形の風船などと聞いてます。これらの商品は、バレンタインシーズンに値上げするそうです。

花の種類は、「愛の象徴」といわれる赤いバラが一番人気。バラ以外の花をおくるとしても、色は赤がダントツで人気だそう。

もちろん、贈る相手が誰かや、相手の好みによっては違う色も選ばれるみたいです。ただし、白はお葬式の色というイメージが強いらしいので、避けたほうが無難だと思います。

ハートのかたちをしているため、アンスリウムもバレンタインに人気の花のようです。ただ、こちらも人によっては、お葬式で使われる花というイメージがあるそうです。

ぬいぐるみはと言うと、成人した女性にもおくられるとか。もしかしたら、お母さん世代だとそれほどよろこばないかもしれません。

テディベア、パンダ、犬、猫をはじめ、可愛ければ種類に決まりはないみたいです。超ビッグサイズのぬいぐるみをあげる人もいるようです。

バレンタインデーの過ごし方

「ロマンチックな国民性」を自負するフィリピン。バレンタインは、日本よりもずっと盛り上がるそう。

街やショッピングモールだけじゃなく、家、会社、学校などの生活の場もバレンタイン仕様のデコレーションでかざられるとか。

家でお祝いのディナーを作って、バレンタインらしく甘いものを食べたり、食べ放題のレストラン(ビュッフェ)にみんなで外食するのも人気のある過ごし方なのだそう。

彼氏が彼女にディナーをおごるのが「おやくそく」のようになっている地域もあるらしいです。ロマンチックなディナーをセッティングできれば株が上がると思われます。

バレンタインにまつわるゲーム

高校や大学でもバレンタイン関連のイベントやゲームが行われるそうです。

たとえば、用意された専用ブースで、希望する男女が結婚の誓いや指輪交換を体験できるというがあります。カップルでも、カップル未満でもできるそう。

誓いのキスは頬にする決まりです。記念撮影もできちゃいます。おもしろいですね。

また、片思い中の相手にあてた手紙を、公開朗読してもらうというのもあるようです。

「公開朗読」なのでラブレターの内容は、学校中に知れわたります。相手は「差出人はだれだろう?」と、気になってしまいますね。そこがねらいなのかもしれません。

バレンタイン用のゲームはほかにもいろいろあって、学校だけじゃなくオフィスでもやったりするそうです。

個人のお話を参考にして書いてます。より正確でくわしい情報は、ご自身で確認をおねがいいたします。

ふいか
ふいか

現地在住の方々には、とうていかないませんが、「日本にいながら現地の文化を学ぶ!」という謎のチャレンジをしてます。…と言いつつ、いつか現地に行くことが夢。病気持ちで気軽に旅行ができないため、オンライン英会話で海外の文化を学んでます。

タイトルとURLをコピーしました