韓国人生徒と日本人生徒の違い【オンライン英会話】

ヘッドセットの画像 オンライン英会話

英会話レッスンを受けていると、「過去に中国人や韓国人を教えてました」という講師さんに出会うことが多いです。

中国はおいておくとして、日本人生徒と韓国人生徒なら、似ている部分が多いのかな?となんとなく思っていました。そこで、フィリピン人講師さんに質問してみたら、「ぜんぜん違う」という答えが返ってきました。

今回は、オンライン英会話の韓国人生徒と日本人生徒のちがいについてです。

Sponsored Link

英語力に自信がある

その講師さんによれば、英語力に関しては、日本人も韓国人もそれほど差がないそうです。

ただし、日本人と比べると、韓国人のほうが英語に自信を持っているとか。たとえ発音や文法にミスがあったとしても、堂々としているそうです。

一方、「日本人は、英語をよく知っているのに、すこしでも間違えることを恐れて、あまり積極的に話さない」ということでした。

「日本人は、英語をよく知っている」と言われたのは、意外でしたが、もしかしたら事実かもしれないです。

英語の知識はあるのに、そう信じられないのが日本人なのかもしれません。

世界中で、けっこうめちゃくちゃな英語が話されています。どちらかというと、しゃべりながら修正していくほうが主流かもしれません。

「オンライン英会話慣れ」している

フィリピンへの語学留学の先駆者も韓国だったと思いますが、オンライン英会話も韓国人のほうが慣れているそうです。

カタコトの日本語で場を和ませてくれるフィリピン人講師は多くて、それで安心できたり、助かったりする日本人生徒も多いはずです。ただ、韓国人生徒に同様に接しても「英語を学ぶ場で、なぜ韓国語を使うのか?」という雰囲気になるそうです。

これは、講師さんいわく「オンライン英会話に慣れているから」なのだそうです。以前は、カタコトの韓国語をよろこんでくれたこともあったらしいです。

ということは、日本人も将来的に同じになるのでしょうか?…だとしたら、ちょっとさみしいです。

子供も疲れている

講師さんによると、いつも疲れてる韓国人生徒が多いそうです。

英会話レッスンの最初に、「お元気ですか?」とか「調子はどう?」など、おなじみのやり取りがあるのですが、韓国では、5歳児でも「ストレスがたまっています」と返ってくることがあるとか。

日本もストレス社会ですが、韓国のきびしい学歴社会と競争の影響をかいま見た気がします。

レッスンで話したことをもとに書いてます。詳細で正確な情報は、ご自身で確認されることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました