【フィリピンと日本のハーフ】の芸能人/有名人たち

フィリピン

同じアジア人ということもあり、フィリピンと日本の混血の人たちは外見だけでは見分けにくいこともあります。

 

メディアでよく見かける芸能人やモデルさんが、ある時フィリピン人との混血と初めて聞いて「言われてみれば顔立ちが日本人離れしているかも…」と感じることもあるのではないでしょうか?

 

あらためて探してみると、フィリピンの血筋の有名人が多くいることに気がつきます。

 

スポンサーリンク

「ハーフ」って呼んじゃダメ?

日本で混血の人を指す「ハーフ」という言葉ですが、多くの国ではこの表現を採用していません。(フィリピンでは同じ意味で使っていますが…)

 

「ハーフ」は「半分」の意味であり「半分しかない」「半分欠けている」というニュアンスに感じられることあるようです。実際にハーフと呼ばれることを嫌う人たちは大勢います。

 

最近では「ダブル」という呼び方を使用する日本人も増えているようで、こちらのほうがベターな表現のようです。ただし、呼び方については様々な意見が存在しているようです。

 

今後さらに国際化が進んでいくなかで、適切な呼び方に定まっていくのではないかと思っています。

 

スポンサーリンク

フィリピン50%+日本50%の有名人

フィリピンにルーツを持つ日本の芸能人をリストアップしてみます。

 

高橋メアリージュン

お母さんがフィリピン人で、妹さんはモデルの高橋ユウさん、弟はプロサッカー選手の高橋祐治選手という高橋メアリージュンさん。

 

子供のころ実家の事業が倒産してから急に貧しくなったため、家族で力を合わせて乗りこえてきたというお話を聞いたことがあります。

 

(あくまでも一般的にですが)外国人と結婚したフィリピン出身者は、ふるさとに残した家族に仕送りを続ける文化があります。(外国人やお金持ちと結婚した子は仕送りを特に期待されるケースがあるのです。)自分の生活がけっこう厳しくても本国に仕送りを続ける人が多いと聞きます。

 

フィリピンの仕送り文化について興味のある方は、こちらからどうぞ↓

フィリピンの【出稼ぎと仕送り文化】
フィリピンはとても家族志向の強い国と言われます。家族は常に助け合い、頼りにし合あう存在です。 フィリピンの若者の本音 フィリピン人は仕事を持つと、両親や学生の兄...

 

フィリピンのきょうだい関係についても書いています↓

フィリピンの【きょうだいの力関係】
フィリピンと日本の文化には違う部分がたくさんありますが、同じアジアということもあり、共通点も案外多いように感じます。特にむかしの日本の価値観とは似た部分が見つかることもあります。 今回はフィリピンの家庭におけるきょうだいの役割...

 

秋元才加(あきもとさやか)

元「AKB48」のメンバーでタレント/女優の秋元才加さんは、お母さんがフィリピン出身です。

 

家庭は貧しく学校でのいじめも経験したそうで、困難を乗りこえて頑張ってきた方なのですね。

 

昨今では国際結婚などはかなり一般的になったので、日本にも様々な混血の人たちが存在します。ただ秋元さんは、フィリピンの「ハーフ」と他の「ハーフ」に対する世間の受け止め方は何かが違っているように感じたそうです。

 

確かに同じ混血の人たちでも、国や人種によって日本人の感じ方は違うのかもしれません。そこには偏見や差別も存在するのかもしれません。日本人も海外では差別される側であることを考えると、余計に残念なことです。

 

私も日本人として悪しき慣習を断ち切りたいと思うし、フィリピン系の日本人の方々にどんどん活躍してもらって、変化を起こして行ってもらいたいとも思います。

ラブリ

モデルでタレントのラブリさんは、お母さんがフィリピン人だそうです。弟さんはGENERATIONSのメンバーの白濱亜嵐(しらはま・あらん)さんです。

 

ラブリさんは自身の彫の深い顔やお母さんがフィリピン人であることにコンプレックスを感じていたこともあったそうです。

 

聞くところによると「ラブリ」はフィリピンの名前らしいです。

 

高安

茨城県土浦市出身で、相撲力士の高安さんのお母さんもフィリピン人です。長らくフィリピンレストラン兼パブを経営していた方だそうです。

 

聞くところによると、小学校の頃から野球をやっていた高安さんが活躍するたびに、お母さんは「豚の丸焼き」をつくったそうです。これはもしかしたら「レチョン」かもしれません。(レチョンは、お祝い事やパーティーなどで食べられるフィリピン流の豚の丸焼きです。)日本で豚の丸焼きをつくるのはお金も手間もかかったのではないかと思います。すてきなお母さんですね。

 

高安さんはお父さんの勧めで、中学校卒業後に相撲界に入ったようです。また秋元才加さんは、高安さんの幼なじみです。

 

ざわちん

ものまねメイクで有名になったざわちんさんのお母さんもフィリピン出身です。

 

ざわちんさんもフィリピンとの「ハーフ」であることを理由にいじめられたことがあったそうです。肌の色を気にして小学生のころからメイクを始めたそうですが、そのメイクで人生が変わることになりましたね。

 

コンプレックスが逆に大きな力に変わったのはすごいことだと思います。

 

スポンサーリンク

フィリピン25%+日本75%の有名人

いわゆるクォーターの芸能人の皆さんです。

 

Sexy Zone 中島健人(なかじまけんと)

ジャニーズにも、フィリピンのいわゆる「クオーター」がいるのですね。お母さんがフィリピンとの混血の方のようです。

 

個人的にはフィリピン人と日本人の混血のタレントさんは、男女とも美しい方が多いと思うのですが、いかがでしょうか?

 

フィリピン国民は、歌やダンスが大好きでサービス精神も旺盛な方々がとても多いです。そのDNAを受け継ぐタレントさんはきっと増えていくことでしょう。影ながら応援しています!

タイトルとURLをコピーしました