ご存知ですか?【フィリピンのシングルマザー事情】

シングルマザー フィリピン
スポンサーリンク

フィリピンの信仰と考え方

国民の多くが特定の宗教や保守的な考え方と共に暮らしているフィリピンでは「婚前に体の関係にになることは悪いこと」という意識がまだ残っています。

 

それでも若い子たちは早い年齢から行為に及び、これまた信仰ゆえに避妊が嫌われる傾向も残っています。その上、妊娠が分かったとたんに逃げたり責任のがれをする男性がけっこう存在するためシングルマザーが増えるとも聞いています。フィリピンのシングルマザーは若年化しているそうです。

 

フィリピンのシングルマザーの傾向

日本とフィリピンの状況には違いがあります。

 

日本では離婚して子供をひとりで育てるお母さんはたくさんいますが、基本的には離婚が法律で認められていないフィリピンでは、シングルマザーと呼ばれている人たちの多くが、いわゆる「未婚の母」です。(国際結婚やアナルメントによる離婚などの例外はあります。)

 

法的には「シングルマザー」とは言えないかもしれませんが、夫と別居してお母さんがひとりで子供を育てているケースも多いようです。一部の例外を除いて、法的に離婚が認められていないわけですから、再婚もできない状況でいるわけですね。(ただし再婚のような同棲はあります。)

 


以前に日本がそうだったように、フィリピンのシングルマザーは周りからよく思われない風潮が未だに残っているようです。

 

信仰上は婚外子が認められていないわけですから、心ない人たちの誹謗中傷のターゲットになりがちです。当の子供のほうも周りの目を気にして、お父さんがいないことを隠したがる傾向もあるそうです。

 

ランナウェイ・ダディ

父親はフィリピン人とは限りません。通称「ランナウェイ・ダディ」と呼ばれる、自国に逃げてしまった外国人男性も含まれます。(日本人も含まれるランナウェイダディは、多国籍です。)

 

近年の韓国産エンターテイメントの大人気で、韓国人男性に憧れる女子もいる中、関係を持った母親と赤ちゃんが置いてきぼりにされることもあるそうです。

 

洗礼と婚外子

またシングルマザーは、子供に洗礼を受けさせるため教会に行った際に悲しい思いをすることがあるそうです。儀式が始まる前の説教で、いかに婚前の深い関係が許されないか、という内容の話を聴かされることがあるというのです。

 

おめでたい日に存在を否定するようなことを目の前で言わなくてもいいのに…と、日本人の私は思います。

 

フィリピンのシングルマザーへの公的支援

日本では、シングルマザー(またはシングルファザー)への手当てや支援が用意されていますが、それでも、多くのシングルマザーの置かれる状況は厳しいと言われています。

 

フィリピンでは現時点では支援制度はほぼ無い状態のようですが、セブ市では独自にシングルマザーに支援金や住居を提供しようという動きがあるようです。実現することを願います。

 

家族の支援が頼り

フィリピンでは、成人しても家族と同じ屋根の下で暮らすのが一般的らしいので、公的な支援が無くても家族の助けを得ながら、なんとか暮らしていけるケースが多いと聞きます。

 

ただし、たまに娘を勘当するような親もいて、そうなってしまうと大変です。立派に生計を立てる女性もいますが、家族の助け無しでシングルマザーとして生きるのは困難なため、なかには人生を諦めてしまう女性もいるそうです。


とはいえ、フィリピンは家族を非常に大切にする文化なので、家族の助けが得られることは多いと思います。

 

父親が逃げてしまうことを先に書きましたが、その場合、母親のお父さん(子供のおじいちゃん)や男兄弟の出番です。

 

「うちの娘と結婚しないと、どうなるか分かっているな…!」という、日本ではあまり起こらないような展開もけっこうあるようです。ある意味では頼もしいですね…

タイトルとURLをコピーしました