フィリピンのイスラム教とは?【一夫多妻制】

イスラム教 モスク フィリピン

フィリピンのイスラム教徒は、ミンダナオ島に多いものの、他の地域にも住んでいます。今回は、フィリピンのイスラム教について書いています。

 

ちなみに、ミンダナオ島は様々な文化が共存していて、個人的にとても素敵な地域という印象です。

 

スポンサーリンク

イスラム教に改宗する人たち

異教徒間の結婚は、フィリピンではそれほど珍しくないようですが、イスラム教徒と結婚する際は、改宗が必要だそうです。

 

女性が改宗するパターンも、男性が改宗するパターンもあります。中には、結婚とは関係なく、イスラム教の教えが気に入ったため、キリスト教から改宗したという人も存在します。

 

イスラム教に限らず、改宗するフィリピン人というのは、珍しい存在ではないです。結婚を機に改宗することに対して、家族の理解が得られれば、それほど抵抗がない人がけっこういることは興味深いと思います。(地域にもよるかもしれませんが、戒律の厳しいイグレシア・ニ・クリストでは、異教徒と恋人関係になることさえも禁じていたりします。)

 

イスラム教に改宗した人たちは、イスラム教徒の名前がつくので、公的な手続きをする時などに(名前が変わったことで)やや混乱をまねくことがあるそうです。

 

厳密には、「改宗」という言葉は使用しないようです。これらの人々は「イスラム教徒に戻った」というような意味の「バリック・イスラーム」(Balik Islam)と呼ばれ、そのプロセス自体もこの言葉で表現されます。カトリック以前に、フィリピンにイスラム教が根付いていたことと関係しているという話も聞いています。

 

スポンサーリンク

フィリピンのイスラム教の一夫多妻制

フィリピンではイスラム教徒の男性ならば、複数の妻を持つことができるそうです。(キリスト教徒など、他の宗教の場合はダメです。)一夫多妻制は、現地では「ドゥワヤ」(duwaya)などと呼ばれます。

 

アラブ世界では「妻は4人まで」ということがよく言われると思いますが、フィリピンのイスラム教徒については、さらに多くの妻を持つことができると聞くことが多いです。(アラブのイスラム教の国々と同様、すべての妻を養う経済力や、公平にあつかうことなどが条件となります。)

 

人数の上限については、「7人~8人位が上限」と言う人や、「人数に上限はない」と言う人、「4人までだけど、信心深いイスラム教徒なら妻は一人のはず」と言う人など色々なので、はっきりしたことはよく分かりません。

 

ミンダナオ島には、イスラム教を信仰する部族がいくつも存在していて、異なる特徴があるようです。自分とは異なる部族について「○○族はイスラム教の教えをきちんと理解していない」などの意見も聞かれたりしますので、ルールに多少の違いがある可能性もあります。

 

フィリピン政府は、イスラム教の戒律に関わることにあまり干渉しないとも聞いていますので、もしかしたら、それぞれの地域や部族のルールに任せているのかもしれません。

 

お見合い結婚も多く、生まれる前から家族間で婚約が決まっていることもあります。結婚ができる年齢についても、特に決められていないらしいです。

 

スポンサーリンク

フィリピンのイスラム教の慣習

イスラム教は、誕生日は祝わないそうなので、結婚のために改宗した女性の中には、子供たちのためにお祝いしたり、プレゼントがあげられなかったりするのが、少し寂しいと感じる人もいるようです。ただし、親しい友達とだけ地味に誕生日を祝うような人は存在します。

 

イスラム教徒は豚肉を食べないことで知られていますが、中には家族などに内緒でこっそり食べている人もいるそうです。

 

また、フィリピンでは一般的に、華人の行事である旧正月(チャイニーズ・ニューイヤー)なども一緒に祝ったりするのですが、イスラム教徒はあまり祝わないようです。

 

フィリピンには、女性が男性と正式にお付き合いするかどうかを判断する期間をもうける文化があります。これはタガログ語で「リーガウ」と呼ばれているのですが、イスラム教もリーガウをするそうです。

 

リーガウについて詳しく知りたい方はこちらです↓

フィリピン人女性との交際前に【リーガウとハラナ】
日本とフィリピンの恋愛では交際をするまでの流れが違います。 今回はフィリピンの恋愛を語る時に欠かせないリーガウの文化について書いてみます。 リーガウとは フィリピンでは男女が交際する前に、男性が女性にアピールする期間をもう...

 

スポンサーリンク

フィリピンのイスラム教の服装

フィリピンのイスラム教徒の女性も、体をカバーする服装をしています。

 

ミンダナオ島では、目の部分しか見えないような服装をしている女性も、ヒジャブで髪や首をカバーすればOKという女性もいます。

 

ミンダナオ島では、礼拝の時間を知らせる呼び声(アザーン)が日常的に聞こえてくる場所があるということで、日本人が持つ一般的なフィリピンのイメージとはひと味違うかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました