あなたの知らない【レチョン】の世界!フィリピン

pig フィリピン

今回は、いろいろな種類のレチョン(フィリピン)についてです。

レチョンと聞くと、こんがり焼けた豚の丸焼きを思いうかべるかもしれません。

この豚の丸焼き、げんみつには「レチョン・バボイ」とよばれます。「バボイ」は「豚」という意味です。

ほかに「レチョン・マノック」というのもあります。こちらは、鶏の丸焼きです。豚の丸焼きよりもリーズナブルで人気だそうです。

このふたつがよくあるレチョンです。

そして地域によっては、ほかにもユニークなレチョンが存在するようです。たとえば…

  • アヒルのレチョン
  • 牛のレチョン
  • 七面鳥のレチョン
  • まぐろのレチョン
  • ヤギのレチョン
  • ウサギのレチョン
  • カラバオのレチョン
  • クロコダイル(ワニ)のレチョン

…などです。

以下に、もう少しくわしく書いていきます。

Sponsored Link

アヒルのレチョン

アヒルのレチョンは、レチョン・イティック(lechon itik)といいます。

豚や鶏のレチョンみたいによく見かけるものではないそうです。見ためは似てますが、鶏のレチョンよりも一般的にサイズが大きいらしく、値段も鶏より高いとのこと。

ただし、アヒルのにおいが気になってしまい、苦手な人も多いらしいです。

下の動画は、生きたアヒルからつくっています。苦手な方はご注意ください。

OUTDOOR COOKING | LECHON SPICY ITIK

牛のレチョン

牛肉のレチョンは、レチョン・バカ(lechon baka)といいます。

サイズも大きいし、値段も高いとのこと。ただし、使うのは子牛と聞きました。結婚式で食べたことのある先生によると、とても美味しいそうです。

THE BEST LECHON BAKA IN BULACAN

七面鳥のレチョン

七面鳥のレチョンは、レチョン・パボ(lechon pabo)といいます。

ミンダナオ島の地元民とよく話すのですが、ミンダナオではあまり食べないと言っていました。個人的にターキー肉が好きなので、食べてみたいレチョンです。

下の動画は、生きた七面鳥からつくっています。苦手な方はご注意ください。

OUTDOOR COOKING | LECHON PABO (TURKEY) with Olive Oil

まぐろのレチョン

まぐろのレチョンは、ツナ・レチョン(tuna lechon)とよばれます。レチョンは肉だけに限らないようですね。

ツナ・レチョンは、まぐろで有名なミンダナオ島ジェネラル・サントス市で見ることができるようです。お祭りのときなどに、ふるまわれたりもするみたい。

Pinas Sarap: Ipinagmamalaking tuna lechon ng GenSan, paano niluluto?

ちなみにジェネラルサントス市は、ボクシング界のスーパースター、マニーパッキャオの出身地です。

ヤギのレチョン

ヤギのレチョンは、レチョン・カンビング(lechon kambing)といいます。

こちらも、クセのあるヤギ肉のにおいが苦手な人がいるみたいですが、動画のお二人はおいしそうに食べてるみたいですね。

CRISPY LECHON KAMBING | ROASTED GOAT MUKBANG collab with @King Lymhar

ウサギのレチョン

ウサギのレチョンは、そのままレチョン・ラビット(lechon rabbit)で通じるようです。

ウサギのレチョンというと、フィリピン人でもびっくりする人がいるくらいですが、販売しているお店もあります。

下の動画はボラカイ島で撮影されたものです。

EXOTIC FILIPINO RABBIT LECHON – Boracay Island Food Park

カラバオのレチョン

カラバオのレチョンは、レチョン・カラバオ(lechon kalabaw)といいます。

フィリピン人でも知らない人が多い、レアなレチョンです。カラバオは水牛なので、味は牛肉に似ているらしいです。

レチョン・カラバオの動画は見つけられませんでしたが、画像ならGoogle検索でみつかります。

下のリンクから検索結果が見れます↓(牛のレチョンの画像もまじっているみたいなので、「lechon kalabaw」と書いてあるかどうか、確認するようにしてください。)

lechon kalabaw - Google 検索

ちなみに、カラバオという動物について知りたい方は、Wikipediaもあります。きょうみのある方は、日本語訳のボタンを押して読んでみてください↓(英語スペルは、Carabao)

Carabao - Wikipedia

クロコダイル(ワニ)のレチョン

下のクロコダイル・レチョンは、「ダバオ・クロコダイルパーク」のものです↓

ここではクロコダイルの保護だけでなく、食用も育てているそう。(食用クロコダイルは、絶滅危惧種ではないとのこと)低脂肪・高タンパクの肉だそうです。

どちらかというと、観光客向けのレチョンかもしれませんね。味は意外においしいそうです。

Crocodile Lechon – The most OUTRAGEOUS food in the Philippines!

まとめ

これまで見てきたとおり、回しながらグリルするとレチョンになるみたいなので、「やろうと思えば大きいイカやタコでもできそう」と、フィリピン人の先生が言ってました。

探してみれば、他にもおもしろいレチョンがあるかもしれません。

ちなみに先日、アメリカ映画を見ていたら、メキシコ系の登場人物が「レチョン!」と叫んでるのを見かけました。

もしやと思って調べてみると、レチョンは、もともとスペインから来たらしく、ほかの元スペイン領の国々でも同じく食べられているらしいです。

フィリピンのように、いろいろなレチョンが存在するかは分かりませんが。

タイトルとURLをコピーしました